2016年12月23日

泡立て不要、混ぜるだけアップルケーキ


DSCF7662.JPG

昨日焼いた我が家の定番「アップルケーキ」

生地よりリンゴの方が多いのでヘルシーなトコロも魅力!
甘さ控えめで重くないのでクリスマスのご馳走を食べた後でもペロッとイケちゃいます。

DSCF7643.JPG

今回は生徒さんのご要望にお応えしてレシピと手順も詳しくご紹介します。
材料を揃えれば今からでも間に合いますよ~(^^v



🎂アップルケーキ(18~24㎝のケーキ型1台分)

DSCF7582.JPG

◆生地

卵(Lサイズ)3個
グラニュー糖(上白糖でもOK)100g
薄力粉 100g
アーモンドプードル 30g
溶かしバター(無塩)50g

▼リンゴ 1~2個
▼グラニュー糖 50g~(お好みで増減可)

◎仕上げ用
ジャム 大さじ1強
ラム酒 小さじ1/4(なければ水でOK)

■レーズン 25g(お好みで)

*****

リンゴは皮をむき7~8ミリにスライス、▼グラニュー糖をまぶす
レーズンはぬるま湯でさっと洗って水気を切る
ケーキ型に合わせてオーブンシート敷くか、油脂(ショートニングやバター)を塗って準備

DSCF7585.JPG

卵に生地用グラニュー糖を加えハンドミキサー(泡立て器)で2分

DSCF7587.JPG

白っぽくなるまで混ぜる

DSCF7589.JPG

振るった薄力粉とアーモンドプードルを加える

DSCF7598.JPG

ゴムベラで粉気がなくなるまで混ぜる

DSCF7600.JPG

溶かしバターを加える

DSCF7601.JPG

底から生地をすくい上げるようにしっかり混ぜる

DSCF7604.JPG

準備しておいたケーキ型に生地を流し入れ

DSCF7605.JPG

お好みでレーズン(少し残しておく)を散らす

DSCF7607.JPG

グラニュー糖をまぶしておいたリンゴを隙間なく乗せ

DSCF7609.JPG

残りのレーズンを隙間に入れ

DSCF7611.JPG

余熱をしておいたオーブンで焼く(180~190℃で35~45分)
竹串を刺して生地がついて来なければOK(しっかり焼いた方が美味しいです)

DSCF7620.JPG

ケーキがまだ熱いうちに型から外し仕上げ用ジャムを塗ります。
(ジャムをラム酒で溶き伸ばしレンジで約10秒チンしたものをケーキの表面に塗る)

DSCF7617.JPG



DSCF7624.JPG

これで完成です

しっかり冷めるまでは表面が乾燥しないようホイルなどをかぶせておきましよう

DSCF7642.JPG

⛳プチアドバイス
*直径が小さな型の場合、リンゴはあまり入りませんがもう少し高さのあるケーキになります
 (画像は24㎝の型でリンゴ2個使用、焼き上がり高さは約5㎝強)
*風味は変わりますがバターをサラダ油やココナッツオイルに変更してもOKです
*甘さはリンゴ用のグラニュー糖の量で調整できます
*準備するリンゴは型の直径に合わせて増減してください
 (型の直径大←リンゴ多・直径小←リンゴ少)
*焼き時間はあくまで目安です。リンゴが多い場合は焼き時間を延長しましょう。


一見手順が多いように感じるかもしれませんが
手間のかかる工程は リンゴのスライスと並べる工程だけなんですよ

どうですか?
苦手さんでも これなら出来そうな気がしませんか?

DSCF7652.JPG


ちなみに参考までに以前作った時の画像もご紹介します
こちらは⤵18㎝の星型で焼いたものです(同じ分量を2つに分けて焼いています)


Dscf9885
そしてコチラは⤵22㎝のスポンジケーキ型で焼いてます

Dscf5265_2
使う型の形やサイズでずいぶん雰囲気が変わります。

ご覧いただいたように 
どんなサイズでもどんな形のケーキ型でも出来ますので
よかったらレシピご活用くださいね。

  🎂登録しているクスパさんにレシピご紹介させて頂きました
    泡立て不要、簡単混ぜるだけアップルケーキ


MERRY ⛄ Xmas 

素敵な一日をお過ごしください♪
 
posted by キッチンママ at 11:37 | TrackBack(0) | cooking&sweets&recipe | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/445172876
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック